Hatena::Groupbookstore

古都の微熱 RSSフィード

2013-10-18

某原稿のための下書き

| 14:24 |  某原稿のための下書き - 古都の微熱 を含むブックマーク はてなブックマーク -  某原稿のための下書き - 古都の微熱  某原稿のための下書き - 古都の微熱 のブックマークコメント

地方の書店と若者について

 私は人口一〇万人のとある地方都市に生まれました。父の実家は地元商店街でパン屋を営んでおり、小学生の頃はよく下校途中に寄っていたのですが、店のすぐ隣には小さな書店がありました。一〇坪程度のいわゆる「町の本屋さん」です。店先には週刊誌月刊誌が並び、店内の棚はほとんどコミックスと学習参考書、文庫と実用書で占められていて、テレビで話題になるような最新刊やベストセラーはほとんど積まれてはおらず、当時小学生だったの私の目にはまったく繁盛しているようには見えませんでした。しかしお店の人は朗らかで感じもよく、繁盛していないはずなのに苦しそうにも見えない、私にとって不思議な書店でした。大人になってあらためてその書店が地域の「教科書販売店」だったということを知り、たしかに転校生らはその書店で教科書を買っていたなあと思い出し、さらに書店員になって出版流通に関する法律や慣習を知るにいたり、なるほどよく考えられた業界の仕組みの中にある「町の本屋さん」だったのだなと再認識をしたものです。


 身近にそのような「町の本屋さん」は存在していたものの、それが雑誌やコミックス以外の書籍と出会う機会にはなりえませんでしたから、中学生になり高校生になって行動範囲が広がるころには、少しでも多くの種類の本、みたことのない本を置いているような「少し大きな書店」を探してはよく通うようになりました。


 そうやって当時通った「少し大きな書店」の蔵書数は、もはや一〇〇〇坪超の売場があたりまえのナショナルチェーンに「勤めてしまった」今の感覚でいえば、たかが知れていますし、学生時代を東京で過ごし、その後地元に戻ってきた私の親なども当時から「この辺りの本屋に読みたい本はまず置いてないなあ…新宿池袋には大きな本屋があって専門書も充実していたんだけどね…ああ懐かしい」などと露骨な不満を漏らしていて、それはそれで今の私の職につながるいい刺激として聞いていたものですが、ともあれ当時の私にとってみれば若い好奇心を満たしてくれるような「少し大きな書店」の存在はそれだけでも本当にありがたく、またそのような書店に行くことができるという環境にあったこと自体「運がよかった」というほかになかったのではないかとつくづく感じられています。


 「町の本屋さん」であれ「少し大きな書店」であれ「ナショナルチェーンの本店」であれ「支店」であれ、とにかく人が生まれ育つ場所に「紙の本を売るちゃんとした書店」がないと、そこで育つ若者が「古典や専門書を手に入れたい、それを読んで勉強したい」といったことを考える「契機」そのものが格段に減ってしまいます。「今やネットで好きな本がすぐに買える」とか「紙よりも電子書籍の時代だ」という向きもありましょうが、ネットでの便利な購入や電子書籍はまだそれ自体が発展途上ですし、どちらかというと成熟した大人にとっての利便性の向上をこそ意味しますが、それとは別の次元の話として「紙の本を売るちゃんとした書店」に特有の、本がずらっとならんでいることで演出されるあの「迫力」は、それがある限り永遠になくなることのない「それらを書き残した先人とその集積としての知への畏敬の念を抱かせるもの」でもあり、とくに先に書いた「その場所に育つ若者が自分の人生を考える契機」の演出には絶対に欠かせないものなのです。


 さらに肝心なのは、当事者である若者が普通はそのような「契機」について無自覚であるということに他なりません。ちゃんとした本屋に出会えなかったからといって「もっと本を読みたいな」と思う若者はいても「本を糧に将来を考える契機を逃してしまった!」と考えいたる若者なんていません。人は、既知のものの喪失はともかく、未知のものを喪失することには無頓着であるものです。


 今こそ!そのような「契機」の拡大を意識的に行おうとする書店が「紙の本を売るちゃんとした書店」として全国、特に地方に遍在すべきだと思われるのですが、なかなかどうして地方の既存書店は「売れる本」ばかりを追い「売れない本」を軽視している、あるいは経営的な判断などで軽視せざるを得ないのが現状です。


 再販制のもとにある書店にとって本来「売れる/売れない」という観点はまだまだそこまで重要ではありません。もちろん「小売」書店である以上、売れるものを貪欲に売るという姿勢は重要ですが、逆説的ではありますが、それだけで書店―特に地方の書店は成り立ち得ないのです。


 さて、地元を離れる頃は市内に大きなショッピングセンターができ、郊外にもショッピングモールができ、そのような教科書販売店の安定的な売上を蝕むかのように少子化も著しくなり、その「町の本屋さん」どころか、なんと商店街そのものがなくなってしまいました。父も私も継がなかったパン屋も店じまいしてしまいました。

オチがイマイチなのと、そもそも1000字に収めないといけない。

2013-07-28

「2014年になると雑誌JANコードがダブる件」の件

| 03:07 |  「2014年になると雑誌JANコードがダブる件」の件 - 古都の微熱 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「2014年になると雑誌JANコードがダブる件」の件 - 古都の微熱  「2014年になると雑誌JANコードがダブる件」の件 - 古都の微熱 のブックマークコメント

は、ワイン1本半とオリーブ缶をすっかりあけて気分良く書いた末のげろだった。恥ずかしい。げろだけど自戒の意も込めて片さずに置いておく。書いた議題そのものはいたってまじめなことだし、しかもそこそこ緊急の対応を要する課題であると認識しているので、素面でもっとまじめに書くべきだと思った。そんなことを思いながら考えながら働いた今日も今日とて売場で忙しかった。昨日の記事に書くべきなのに書けていなかったことがあったので書きとめておく。

「雑誌JANコードがダブる件」については、それこそ最近末席を汚しに行った寄合なんかで機をみて「こんな問題あるらしいんけど貴殿はいかがお考え?」とふってみたりしているものの、その反応の中には

雑誌コードはすでに使いまわしてるじゃん(だから今更雑誌JANが重複しようが重大な問題ではないのでは?)

とか

10年前の雑誌なんて在庫してないし販売されないでしょ(リアル書店にいるくせにこれだからデータオタクは使えないね~)

といったナイーブなものが存在する。「そんなくだらない寄合に行くなよ」という批判は間甘んじて受け入れるけど、まあ「付き合い」というものもある。それにそのような反応を得て当然「ああ本当にこの業界は(以下略」いう愚痴のひとつも発したくなるけど、それはそれとしておいておく。「誰も助けてくれない*1

前者の「雑誌コードはすでに使いまわしている」という指摘は確かにその通りではある。その通りではあるんだけど、あくまでも「使いまわしてる」だけであって「同年同月同日に同じ雑誌コードが2つ以上の異なった雑誌に付与されて流通している」わけではないし、そもそもそんな「同じ雑誌コードを違う雑誌の流通に並行的に適用する」なんてことををしたら小売や流通の現場が混乱することは明らかなので、いくら「わかっていない」版元であったとしてもそのような愚かなことはしない。仮に人的ミスからそれをしてしまったとしてもそれはもはや「事故」である。「雑誌コードの使いまわし」はむしろ「雑誌コード Hacks」としてみれば優秀で、13桁雑誌JANコードの12桁目*2の「年号」やその手前2桁の「月号」をチェックしさえすれば、たとえその雑誌JANコードが「使いまわされた雑誌コード」を含有していたとしてもその雑誌を一意に特定することができる。重要なのはこの点において「使いまわし」は即「重複」とはみなせないということである。つまり「2004年6月創刊、2008年5月休刊の雑誌 hoge で利用された雑誌コード XXXXX」が「2008年6月創刊、2010年5月休刊の雑誌 fuga で利用された雑誌コード XXXXX」と重複していたところで、そのそれぞれの号に付与された雑誌JANコードは「年号」「月号」の部分が異なっているわけから、雑誌JANコードとしては「絶対に重複しない」。だから

雑誌コードはすでに使いまわしてるじゃん(だから今更雑誌JANが重複しようが重大な問題ではないのでは?)

という反応はナンセンスである。*3

また後者の「10年前の雑誌なんて在庫してないし販売されない」というのは微妙な指摘ではある。新刊書店に身を置く私からみても、その指摘は現実的にはリーズナブルであるとは感じられる。10年前の雑誌ははっきりいって「流通」はしていない。しかしそのような現状においてこの反応に反論をこころみるとすると「そのような10年前の雑誌をたとえ小売が現実には在庫してなかったとしても、また多くの返品分が裁断されているようなそのような雑誌が10年後新規に販売される可能性がゼロだとしても、その雑誌の存在そのものが消えてしまうわけではないから、古書(古雑誌)として再販売されて流通する可能性はゼロではないし、個人の蔵書管理レベルではもちろんのこと、ライブラリファレンスサービス的にも、雑誌JANコードをキーとして検索するとその雑誌がどの雑誌なのかを一意に特定できるという状況にあるのが絶対に望ましいし、それこそ今は雑誌名と号数がわかる程度の情報しか得られないかもしれないけど、将来的にはコンテンツそのものも容易に閲覧できるようになるかもしれない。そのときに至ってから認識されるような無駄な障壁やとりわけやらなくてもよいマイニングをかける必要があるようなわかりきった重複データを作るようなことはすべきではない。賽の河原。」となる。

余談として

(リアル書店にいるくせにこれだからデータオタクは使えないね~)

という反応は逆にいまどき珍しい部類に入るかもしれないけど、もしあるとするならば、これはこれで「村社会モヒカン族とその亜種」のお話をする契機として好適なものになりうるから、よっぽどの反応でない限りは歓迎されるものである。


今日は半分しかあけてない。

*1:©Pizzicato Five

*2:で、その桁数が今回問題ともなっている

*3:ただしいまだにISBN/JANの13桁に対応できていない、あるいは対応していても13桁での取得後に POS データとして扱う過程で「歴史的経緯」などの理由で「雑誌コード + 月号」の7桁固定長などに矮小化して管理している小売 POS システムや流通システムがあれば、それはそもそも1年ごとにデータが消えていく前提のシステムという落としどころを選んでそのようになっているのだろうけど、それを承知していない人が使えばまあ重複しているように見えると思われるし、そのようなシステムはさっさと駆逐されるべきである

ServetServet2013/12/18 08:55A piece of eruodtiin unlike any other!

MariaMaria2013/12/19 07:06Free info like this is an apple from the tree of <a href="http://ofxowhcha.com">kndoelwge.</a> Sinful?

NarenderNarender2013/12/21 10:55I thank you humbly for shairng your wisdom JJWY http://pxwymjxrna.com [url=http://fuymlt.com]fuymlt[/url] [link=http://ehdaminvhds.com]ehdaminvhds[/link]

MohamedMohamed2013/12/22 02:13Wait, I cannot fathom it being so <a href="http://edvgzglvnhx.com">stwroghtfirraad.</a>

AlfredoAlfredo2013/12/22 17:07Super jazzed about getting that knwowho-. http://qlcczulnf.com [url=http://chtxtt.com]chtxtt[/url] [link=http://nwwswvby.com]nwwswvby[/link]

2013-07-27

2014年になると雑誌JANコードがダブる件

| 02:45 |  2014年になると雑誌JANコードがダブる件 - 古都の微熱 を含むブックマーク はてなブックマーク -  2014年になると雑誌JANコードがダブる件 - 古都の微熱  2014年になると雑誌JANコードがダブる件 - 古都の微熱 のブックマークコメント

いわゆる雑誌には「定期刊行物コード」がついていて、これは2004年6月1日から使われているコードである。

定期刊行物の流通・販売管理については、大昔にトーハン雑誌部をルーツとする「雑誌コード」のみで運用されていた原始的な時代から「今あらためてその仕様を見ればバッドノウハウとして学ぶべきところが多いだけのシロモノだ」とDISらずにはいられない「共通雑誌コード」に展開した時代、さらにコンピューターのコモディティ化を伴った所謂グローバリゼーションの中でそのようなバッドノウハウを反省的に振り返る態度と欧米の UPC/EAN の改訂事情に沿うような調整を経て使われるようになった、現代のあの「定期刊行物コード」...という具合の使われるようになった「経緯」はもはやどうでもよくて、とりあえずは2004年6月1日以来、この「定期刊行物コード」のぬかりない運用をもって UPC/EAN(JAN) に準じた現代的かつ POS システムにも優しく大変望ましいコード体系で定期刊行物の出版・流通・販売が運用されている平穏な出版流通業界がある、という認識からすべてが始まる。

認識したら、その「定期刊行物コード」の仕様に問題があることにすぐ気付く。

定期刊行物コード」は

「雑誌コードや月号・年号の情報を含む13桁の雑誌JANコード」 + 「価格の情報を含む5桁のアドオンコード」

491ABBBBBCCDE FGGGG

で表現され、

それぞれの意味は以下の通り。

A...予備1

BBBBB...雑誌コード

CC...月号

D...年号

E...チェックディジット

F...予備2

GGGG...本体価格

(参考...http://www.dsri.jp/code/jan_magazine.htm)

この仕様には「年号が一桁」という大問題がある。

つまりこの仕様にの取って運用を行えば、たとえば

「2004年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

2014年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

2024年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

「2034年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

「2044年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

「2054年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

「2064年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

「2074年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

「2084年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

「2094年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード

はすべて同一の「4910BBBBB084E」になる。雑誌コードの部分を発行週によって複数使い分けて運用することで「週刊」の一意な号数表現を実現している週刊誌でも同様の問題が生じる。

たとえば今ちょうど手元にある「4910210140631」は「AERA 2013年6月24日号」なのか「AERA 2023年6月27日号」なのかはコードを一瞥しただけでは判別できなくなる。仮に「4910210140631」のPOSデータを管理するバックエンド側に「販売日」その他のメタデータをつけてやれば、あるいは 「4910210140631」をバックエンドでインストアコードにマッピングしてコード空間を拡張してやれば、その「4910210140631」が"どの"「4910210140631」なのかをそのシステム上では判別できるようにはなるけど、そんな運用で扱われるコード体系はダサすぎる上に、機会にとっても人間にとっても分かりにくいしまあ使い物にならない。

そしてこの問題を放置することはすなわち、世の中で稼働する POS システムの大方がこの13桁の「雑誌JANコード」を書籍の「ISBN-13」と同様に「一意なコード」として読み取り POS データを作成してきたシステムに対して「実は一意なコードじゃないよ」とごみを食わせることを容認することにつながる。あるいはそれを防ぐために小売店や流通各社に「10 年で POS データが消えることを前提とした POS データの冗長化とそれを前提とする POS/流通管理システムの運用」を強制させることにつながる。そしてその場合とりわけ小売店で「10年前のバックナンバーを販売・管理するコスト」が増えることになる。ますます読者は離れるし、業界の売上げはますます右肩下がりとなる。


2014年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」が「出版され」「流通に乗り」「販売された」それぞれの段階で生じるあらゆるメタデータは「2004年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」のそれに追加される形で上書きないしは追記して運用されるわけだから、雑誌JANコードをキーとする書誌情報はもはや管理できなくなる。一つのコードに複数の意味を持たせるのは無理。上に書いたように「各社インストアコードを振って対応」という方法もあるけどそんなものは完全に無駄。よりよいインストアコードといえる ASIN もあれは13桁の JAN/EAN とは互換しないので、同じ問題を抱えるはず。アルゴリズミックに相互変換できないインストアコードはすべて屑に見えてくる。せめてもの救いは Amazon は たとえば APAAPI に "EANとして" 13桁雑誌JANを投げると雑誌の書誌情報を返してくるという実装となっているところ。この実装・運用を担保するためにたとえば「わしのところはJAN重複してもらったら書誌情報も販売データも支障が出る。一意性を保ってくれたまえ。」とロビー活動してくれたらみな幸せになれるのにとも思う。

個人的には使っていないし今後使うこともないと思われる「4桁目」を下記の要領で増やせばよいと思っています。

「2004年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4910BBBBB084E

2014年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4911BBBBB084E

2024年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4912BBBBB084E

「2034年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4913BBBBB084E

「2044年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4914BBBBB084E

「2054年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4915BBBBB084E

「2064年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4916BBBBB084E

「2074年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4917BBBBB084E

「2084年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4918BBBBB084E

「2094年刊行の雑誌コードBBBBBの8月号の雑誌JANコード」= 4919BBBBB084E

という感じで。どうなっているか2014年6月1日が楽しみです。

urhjjdqnzmurhjjdqnzm2013/11/23 07:38wxkhicppltupsf, <a href="http://www.qnjnwvqdkq.com/">rgrwyhfdiu</a> , [url=http://www.nrvsobsixh.com/]ihjxzkzabj[/url], http://www.zrropzksyg.com/ rgrwyhfdiu

zdvvyyytlqzdvvyyytlq2014/03/17 23:50eprfmcppltupsf, <a href="http://www.jaqfsjvnwl.com/">fryesgkbin</a> , [url=http://www.lubbeoqghb.com/]qvdprzndkx[/url], http://www.yjpjrzvuru.com/ fryesgkbin

2012-01-30

某社の社是

| 02:55 |  某社の社是 - 古都の微熱 を含むブックマーク はてなブックマーク -  某社の社是 - 古都の微熱  某社の社是 - 古都の微熱 のブックマークコメント

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」

http://www.google.co.jp/search?ie=UTF-8&q=%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%AD%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E6%95%B4%E7%90%86%E3%81%97%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%AD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%A6%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B

書店で働いていると、顧客から発せられるあいまいな情報を Google を窓口にして Web にあたることが頻繁におこる。それで、もう「全然整理されてないしアクセスできるようになってないじゃん!」と思わされる。ちなみに、そもそも Web にあたることができない人も多い。そもそも最近整理されているのか? されてなくないか? 世界中の人々がアクセスできて使えるようになるどころか、Web は相変わらず構造化されないし、ソーシャルグラフはは収益化の対象物に落とし込まれているし、Perl の棚に面陳している Spidering Hacks といったスクレイピングの本が相変わらず売れる。「ややこしくて雑多な情報は整理せずにそのままにしておくのがそれはそれでいいんだろうなー」と思ったりもする。

MartinaMartina2012/06/05 18:49A minute saved is a minute eraend, and this saved hours!

xmuxdzggzuxmuxdzggzu2012/06/06 00:11TmPETv <a href="http://tuqxajrqntre.com/">tuqxajrqntre</a>

jrfanpdljrfanpdl2012/06/07 02:28B108vo , [url=http://gqekjscppvni.com/]gqekjscppvni[/url], [link=http://isnqvxdepavp.com/]isnqvxdepavp[/link], http://lgiobtzylsou.com/

qdsywlanuqdsywlanu2012/06/07 08:16t1IBC3 <a href="http://qplquxjaqckg.com/">qplquxjaqckg</a>

ydxbdujydxbduj2012/06/07 22:05MAg4YS , [url=http://kzbygxryzubi.com/]kzbygxryzubi[/url], [link=http://jcnwnefmggvl.com/]jcnwnefmggvl[/link], http://vdbfykrtxsly.com/

2012-01-27

コンサルじゃなくてNPO的な

| 02:11 |  コンサルじゃなくてNPO的な - 古都の微熱 を含むブックマーク はてなブックマーク -  コンサルじゃなくてNPO的な - 古都の微熱  コンサルじゃなくてNPO的な - 古都の微熱 のブックマークコメント

雇われ書店員が本業の一環としてやるにはつらい仕事の一つとして「購入代行」がある。これは「雇われ先の社割をつかってお友達のために小賢しく安く本を代理購入する」のそれではなくて、ごくごく一般的な接客中にありがちな「あーその本品切重版未定ですねー取り寄せもできませんねー(ってなんだ AMP で星の数ほどに出品されてるじゃん)」の「って AMP で星の数ほどに出品されてるじゃん」と心に浮かんだ明らかにその顧客にとってみれば有益な情報をふと魔が差してカジュアルに実際に伝えてみたら「あーそっかーいやー本当は新刊で欲しいんだけどねーでも絶版なら仕方ないかーうんありがとう家で発注するわ」とならずに「いやーインターネットとか苦手でやらないからわからないんじゃよ」とのたまうデジタルディバイドの溝にはまった大人にかわって「そんなもん私が代理購入してあげますよ!」と強く強く思わされる時のそれである。まさか雇われ書店員、それも AMP にいたってはそこにいる空売り業者や転売屋のやりかたを実際に快く思っていなかったり、また快く思わないでいることが望ましいような立場にあるようなチェーンストアの雇われ書店員が、いくら「どうしても欲しい顧客のニーズ」を考えたところでまさかそこで実際に AMP で代理購入してあげるというのはありえない話である。そもそもとしてそれをできる器用な書店員がいないだろうし、いたとしてもお墨付きをもらって実際そのようなことを「やりましょう」としてはじめようとするときっとアルバイトだらけのチェーンストアにおける「サービス標準化の壁」にぶち当たって1分以内に轟沈することは目に見えている。まあそのようなときはゲリラ的にやればいいのだろうけど、「AMP で代理購入」ともなるとそれは雇われ書店員ができるゲリラ活動の範疇を超えている。「商売じゃないそれは慈善事業だ」「それをやって書店に利益は出ない」といった反証を上げるまでもなく、そのあり得なさ具合はたとえば Amazonオンライン書店発のリアル書店をつくってそこにまともな書店員を置き「顧客の読みたい本をなんとしてでも用意してあげる」という方針でも掲げてそこにいる書店員に好きなように接客をやらせた結果「かれらこそが自社の AMP も活用しまくってこれまでのリアル書店にはなかったすばらしい小売サービスを提供してくれました」という未来が訪れた、というぐらいにあり得ない話だ。Amazon は、本ではなくて Kindle を売ることにしたのだ。 まああの手の情報端末とそこを流れる情報とその共有の仕組みとともにもっと世界に偏在しないと意味がないし、そこに実現される UI/UX こそがいまここにある、見渡せば世の中にぼこぼこあいているデジタルディバイドを埋めるものでないとまるで意味がない、ということはこれから何度も書いていきたいことだけど、重要なのは、リアル書店リアル書店で存続している間には少なくともそのような情報共有のイノベーションはまずもっておこらないだろうから、話を戻すと、リアル接客の機会が豊富なリアル書店にこそ自社の Web にせめて絶版本や品切本だけでもいいのでそれらのやり取りを可能にする AMP ライクな仕組みを持ってもらって、またそこで働く書店員はそれが接客のいちツールとしてとても有効なものだと認識して、「代理購入」の可能性も含めてそれをさらに活用できるような存在であってほしいということだ。

ポイントは、ガチ司書のように本の中身の照会も含めたリファレンス機能はいらない、「世に偏在する品切/絶版の不要本を融通する仕組み」とそれを「リアル書店という窓口」で「接客の一環」として「代理購入」にあたる行動をもとることができる存在としての書店員がはたして実際に存在しうるのかというところで、落としどころとしては人生に余裕のある司書書店員やその OB/OG たちが NPO としてあるいは慈善事業としてまた趣味でやるようなことになればいいのだろうとそのようなことを考えている。